調布市観光協会公式サイト

近藤勇と緑地コース

幕末!新選組局長 近藤勇の生い立ちと広大な緑を体感する路

新選組局長近藤勇は文久3年(1863)、将軍の上洛警護をする浪士組に応募、後に壬生浪士組として活動しました。働きぶりが認められたことにより、新選組の隊名を下賜され、局長として洛中の治安維持にあたりました。

新選組は元治元年(1864)御所焼き討ちを計画したといわれる浪士を討ち、幕府と朝廷から恩賞を受けました。
近藤勇と緑地コース地図画像

PDF近藤勇と緑地コース:PDF(6.92MB)

味の素スタジアム周辺(調布市360°パノラマップ)

サッカーだけではなく、コンサートをはじめ多彩なイベントに利用されている多目的スタジアム
スポーツ祭東京2013のメイン会場として開会式や陸上競技などが開催されました。
味の素スタジアム 西町376-3

1・都立武蔵野の森公園 掩体壕(えんたいごう)大沢1号・2号

都立武蔵野の森公園内掩体壕(えんたいごう)大沢1号・2号公園の周囲には武蔵野の森が広がり、美しい景観が楽しむことができます。

公園内には戦闘機を空襲から守るために作られた格納庫(掩体壕)が2基あります。

その目的は「本土決戦」に備えて、飛行機を温存するためでした。

【所在地】
三鷹市大沢6丁目
【連絡先】
TEL.042-365-8435

2・近藤勇の生家跡

isami_seikeato近藤勇は天保5年(1834)、上石原村(現在の調布市野水)の宮川久次郎の三男として生まれました。

宮川家の屋敷は昭和18年(1943)に取り壊され、現在は屋敷の東南隅に勇の産湯に使った井戸だけが残されています。

昭和25年(1950)、市の史跡に指定されました。

【所在地】
野水1-6-8(近藤勇の生家跡)
【連絡先】
TEL.042-481-7656(調布市郷土博物館)

3・龍源寺・近藤勇の墓

isami_haka龍源寺は正保元年(1644)に府中高安寺第4世・家山東伝が開創、

三鷹市の大沢村周辺をひらいた箕輪将監の開基といわれています。

本堂の裏手の墓には近藤勇の墓、また、門前には近藤勇の胸像があります。

【所在地】
三鷹市大沢6-3-11

4・調布飛行場

調布飛行場滑走路は800m(長さ)×30m(幅)あり、本州と大島や神津島などの伊豆諸島を結ぶ離島航空路線の拠点として活躍しています。

大規模災害時には、消防・医療などの緊急活動の拠点として活用されます。

【所在地】
西町290-3

5・国立天文台

国立天文台世界最先端の観測施設を擁する日本の天文学のナショナルセンターです。

大学共同利用機関として、天文学および関連分野の発展のために活動しています。

太陽塔望遠鏡(アインシュタイン塔)、天文台歴史館、第一赤道儀室の3件に加え、平成26年(2014)に新に7件が登録され、合計10件が国の有形文化財に指定されています。

【所在地】
三鷹市大沢2-21-1
【連絡先】
TEL.0422-34-3600

6・西光寺

西光寺近藤勇は甲陽鎮撫隊(こうようちんぶたい)を編成し、甲府に出陣途中西光寺向いの民家で歓待を受けてしばし休息しました。

座像は平成13年(2001)10月、没後130年記念事業として「近藤勇と新選組の会」が中心となり、門前に建立されました。

【所在地】
上石原1-28-3
【連絡先】
TEL.042-482-3320
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
PAGETOP
Copyright ©調布市観光協会 All Rights Reserved.
サイト制作・運営協力 NPO法人調布市地域情報化コンソーシアムちょうふどっとこむ